ワンポールテントは〇〇でもっとおしゃれに、快適になる!

ワンポールテントは〇〇でもっとおしゃれに、快適になる!

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

かわいいとんがり屋根と設営の簡単さで人気上昇中のワンポールテント。
ワンポールテントでのキャンプをもっと快適に、おしゃれに楽しむ工夫をご紹介します。

設営編

まずはワンポールテントの設営に関するコツをご紹介。

状況に合わせてペグを使い分けよう。

ワンポールテントにはペグ打ちが必須です。ペグが効かない場所では立てることができません。
また、ペグが抜けるとテントが倒れて怪我やテント破損の危険性もあります。
そのためキャンプサイトに合ったペグを選ぶようにしてください。DODのワンポールテントにはアルミ製のペグが付属しています。
地面が適度に柔らかいキャンプ場であれば付属のペグで問題なく設営することが可能です。
しかし、例えば硬い地面のサイトや砂混じりのサイトであれば付属のペグが効きにくく、テントが安定しない場合があります。
そんな時には硬い地面に適した強度の高い鍛造ペグや、柔らかい地面に適した30㎝以上のプラスチックペグなどを状況によって買い足して使用してください。
僕は硬い地面のサイトを利用することが多いので念のため鍛造ペグを別途用意して持っていくことが多いです。

main_feature http://www.doppelganger-sports.jp/product/p1_57/

インナーテントをピンと張ろう

ワンポールテントがキレイに張れるかどうかはペグ打ちの場所にかかっています。
テントがキレイに張れると風や雨に対してテントが強くなり、快適さもアップしますよ。

explanation_02 http://www.doppelganger-sports.jp/product/t8_200t/

コツはペグを打つ順番です。
隣のペグを順に打つのではなく、一カ所うったら対角のペグを打つ、というようにペグを打つとキレイにペグ打ちがしやすいです。
また、インナーテントのロープがピンと張った状態になるように気をつけてペグ打ちをするとテント完成時にたるみが少なくなります。

ハンマーはペグ抜き付きが便利

ワンポールテントを含むほとんどのDODのテントにはハンマーは付属していません。
ワンポールテントはペグ打ちが多く、ペグがしっかり打たれている必要があるのでお気に入りのハンマーを探してください。
キャンプ用のハンマーがたくさんありますが、ペグ抜きが付いていると撤収作業が楽になります。

snowpeak https://store.snowpeak.co.jp/page/36

スノーピークのハンマーは使いやすくておすすめです。

snowpeak https://www.e-mot.co.jp/msr/product.asp?id=514

個人的にはMSRのハンマーがめちゃくちゃかっこいいなと思っています。
予算と機能を見ながらお気に入りのハンマーを見つけてみてください。

風がある時はストームロープを張ろう

. こんにちわ!DOD投稿者です(*^^*) 先週DOD先輩が大野山にキャンプに行ってきました\(^o^)/✨ フリーサイトだし👍🏼 山の上なので涼しいし🗻 星が綺麗だし⭐️ 良いことづくめだったそうです(ヽ´ω`)イイナァ キャンプに調度いい季節! 晴れの日は是非ソトアソビを😊 そしてそのソトアソビに是非DOD製品を使ってください😆♫ . #doppelgangeroutdoor #outdoor #DOD #bbq #summer #camping #tent #tarp #camp #camping #bbq #instagood #followme #CaravanCAMP #ドッペルギャンガーアウトドア #ドッペルギャンガー #アウトドア #ソトアソビ #テント #タープ #キャリーワゴン #寝袋 #キャンプ #デイキャンプ #カマボコテント #かまぼこてんと #カマボコ会 #キャラバンキャンプ . ※欠品中製品の入荷情報については各販売店様の販売ページをご確認ください。弊社から個別にお客様への案内は致しかねますのでご了承ください。一日も早く製品をお届けできるよう努力してまいります。 ※サポート・製品に関するお問い合わせ等は弊社問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

DOPPELGANGER OUTDOORさん(@doppelganger_outdoor)が投稿した写真 –

正直、多少の風であればストームロープを張らなくてもテントは安定しています。
しかし、キャンプでは急な天候の変化もよくあること。
事前にストームロープを張っておくことでより安心してキャンプを楽しめますよ。

アウターテントのたるみを取ろう

アウターテントのペグを掛けるロープにはアジャスターが付いています。
アジャスターをうまく調節してアウターテントをきれいに張りましょう。

テント内編

テント内のレイアウトを工夫することでワンポールテントの快適性を上げることができます。

ポールを中心にローテーブルを設置しよう

. こんにちわわ~DOD投稿者です🐩✨ さぁ昨日に引き続きどんどん新製品紹介していきますよーっ😎 じゃんっ!ワンポールテントテーブル!! 木目柄が可愛い!お洒落~💕 ワンポールテントのセンターポールに接続できるテーブルです👍 テント内でなくてもローテーブルや棚として活躍すること間違い無し😆 こちらも発売開始しております🙌 春のソトアソビに向けて買っちゃいましょ~🐰 #doppelgangeroutdoor #outdoor #winter #camp #camping #table #ドッペルギャンガーアウトドア #ドッペルギャンガー #アウトドア #ソトアソビ #外遊び #キャンプ #冬キャンプ #デイキャンプ #テーブル #ワンポールテントテーブル #ワンポールテント ※欠品中製品の入荷情報については各販売店様の販売ページをご確認ください。弊社から個別にお客様への案内は致しかねますのでご了承ください。一日も早く製品をお届けできるよう努力してまいります。 ※サポート・製品に関するお問い合わせ等は弊社問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

DOPPELGANGER OUTDOORさん(@doppelganger_outdoor)が投稿した写真 –

ワンポールテントはテントの中心にポールがあり、中心部分がデッドスペースになりがち。
ポールを中心にテーブルを設置し、レイアウトすると無駄がなくなりますよ。
ワンポールテントテーブルを使うとデッドスペースを最小限に減らすことが可能です。
テーブルは簡単に取りはずしができるので寝る時だけ片付けることもできますよ。

ポールを有効活用しよう

onepole7

さらにポールにリモコンUFOライトを取り付けければ、ポールをしっかり活用することができますよ。
リモコンUFOライトは取り付け器具など不要でワンタッチで付けることができるのでストレスフリーです。
ランタンハンガー、ランタンフックと呼ばれる道具を使うことで通常のランタンを吊り下げることもできますし、プルージックというロープワークでランタンを吊り下げることもできますね。

エアベッドがあればグランピング風に

onepole8

ワンポールテントの中にエアベッドがあると今流行のグランピング風なサイトに近づきますよ。
エアベッドにラグをかければよりオシャレ度は倍増!

フロアの上にラグを敷こう

ラグは視界に入る面積も大きくおしゃれキャンプの近道!
詳しくは下記を見てみてください。

top

テント内にラックを置くとおしゃれで便利

onepole10

キャンパーに人気のコーナンラック。
テント内に置くと、おしゃれだけでなく荷物も整理もできて重宝しますよ。

ワンポールテントをもっとおしゃれに快適に

ワンポールテンをもっと快適に活用する工夫やコツを紹介させていただきました。これからワンポールテントを使ってみたいな、という皆様に役立てば幸いです。 もういろいろやってるよ!という方はよければDODのへお写真送ってください!
インスタなどSNSでレイアウトの紹介などできればいいなと思っています。

onepole11 https://www.instagram.com/doppelganger_outdoor/

皆様のキャンプがもっと楽しいものになりますように。