ヒロシのドッペルギャンガーアウトドアコラム②~広がりが止まらないキャンプ~

ヒロシのドッペルギャンガーアウトドアコラム②~広がりが止まらないキャンプ~

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

相変わらずキャンプ三昧の生活を送っているヒロシです。
最近では仕事場よりも山にいることの方が多いのではないか?と思うくらいです。
ずっぽりとアウトドア遊びにハマっております。

アウトドアにはまると生活に張りが出るし、自然に触れ合うため運動にもなって健康にもいい。いいこと尽くめなのですが、悪いこともあることに気づきました。
アウトドア遊びは色んな広がりを見せ過ぎること。楽しみ方に終わりがないのです。
僕の場合、キャンプにはまる→道具にはまる→キャンプの場所にこだわるようになる→移動手段が欲しくなる→オフロードのバイクを買う…。と、この様にどんどん広がっていっています。

広がりを見せすぎて去年の暮れにはもっと山奥へ行きたくなり、ついに軽4駆のジムニーを購入してしまいました。

古い車なので、ダイレクトに地面を走っている振動が伝わってきて乗り心地は最高に悪いのですが、他の車では走行できない岩場だったり泥道だったりの酷道でも走ってしまいます。
これまで乗ってきた車の概念を覆されました。
車としては全く興味のなかったジムニーですが、世の中で一番面白い車だと感じるようになりました。
今度は、いろいろと改造したい欲が生れてきました。

やりたいことが次々に出てくるから困っています。
ヒロシオリジナルギアを作りたい。
無線の免許を取る。
外国でキャンプしたい。
狩猟免許を取る。
自分のキャンプ場を作りたい。などなど…。
興味がつきない事がキャンプの唯一の悪いところです。楽しすぎて疲れちゃいます。

キャンプは元々好きでしたが、オフロードの乗り物には全く興味がなかった私です。
オフロードの乗り物はダサいとすら思っていました。ところが、このハマり様です。人間分からないものですね。
『趣味がない!』『アウトドアには興味ない!』って人でも、無限に存在するアウトドア遊びを通じて、ハマれる趣味に出会えるかもしれません。食わず嫌いはもったいないですよ。