大人気の春のキャンプフェス「森、道、市場 2017」に行ってきました

大人気の春のキャンプフェス「森、道、市場 2017」に行ってきました

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

モノとごはんと音楽の市場「森、道、市場 2017~行き交う色と、ふたつの場所~」に参加してきました。
場所は愛知県蒲郡市。
音楽を聞く事を目当てに行ったのですが、それ以上にゆるくていい空間を楽しめたので、ご紹介します。

森、道、市場とは?

東海地方を中心に2011年から開催されていて今年で8回目。
「モノとごはんと音楽の市場」をコンセプトに、日本全国から素敵なモノやごはんのお店が300店以上集まる市場と、複数ステージで音楽が演奏される野外イベントです。

森、道、市場 2017~行き交う色と、ふたつの場所~

http://mori-michi-ichiba.info/


日程

今年は2017年5月12~14日(※12日は前夜祭)に開催されていました。
本格的に暑くなる前の5月開催なので気温的にとても過ごしやすい時期のフェスです。

開催場所

今年の開催地は愛知県のラグーナビーチ(大塚海浜緑地)と隣接する遊園地のラグナシア。
なんと入場券があれば遊園地のアトラクションが乗り放題という太っ腹なイベントでした。
車だと名古屋から約1時間、電車だと会場から一番近い蒲郡駅から有料の臨時シャトルバスが運行しています。

来場者層

おしゃれ~な20・30代の人が多い印象でした。
会場内の起伏もほとんどなく、海辺で遊べたりする場所も多いので、子供連れの家族で来られている方も沢山見かけました。

森、道、市場の現地の様子

1日目は雨

1日目はあいにくの雨で、到着後すぐにテントをたてるのは断念。
一旦荷物を車に置いたまま、目当てのアーティストのステージを楽しみました。

充実のフード

カレーやピザ、お酒からデザートまでいろんなフードブースが出店していました。
中にはかなりの行列ができているお店も・・。
日本全国から集まっているだけあって毎食何を食べようかかなり迷ってしまいました。

お風呂は近くのラグーナの湯で

会場内にはシャワーも設置されていたのですが、時間が合わなそうだったのと、どうしてもお風呂に浸かりたかったので近隣のラグーナの湯に行きました。
会場からは歩いて15~20分ほど。
森道の期間中は営業時間を延長していたので助かりました。

http://www.lagunatenbosch.co.jp/yu/

2日目は快晴!

海辺では朝ヨガをしていたり

ステージを見に行ったり

海を見て砂浜でまったりしたり

遊園地エリアのステージうしろは幻想的な雰囲気で。

夜はまたテント近くでお酒を飲んでまったりしたり・・・ゆったり楽しめる森道最高!!

個人的にこんなところが好き!森、道、市場

音楽だけじゃない

音楽フェスとはいえ、「森、道、市場」の魅力はなんと言っても日本全国(いや、海外からも)から雑貨やフード、服などのお店が出店していることです!
今年はなんと300店以上もの出店が!
おしゃれなお店がたくさんあって、ここだけでも十分に楽しめます。

しまなみエリア、台湾エリアなどエリアごとに出店されていました。
会場は広いので、事前に発表されるMAPを確認して、効率よく見ることをおすすめします。

いい意味でゆるい

音楽のステージを楽しむのはもちろん、
雑貨や服の出店ブースをぶらぶらするのもあり、
お腹が空いたらおしゃれな飲食エリアでお腹を満たしたり、
砂浜のエリアで海を見ながらまったりしたり・・
遊園地の方でアトラクションに乗ったり
ステージから漏れてくる音を聞きながらキャンプサイトで過ごしたり・・
全体的にゆったりとした雰囲気のフェスなので、いい意味で自由に過ごせるのが森道のいいところではないでしょうか。
色んな楽しみ方があるので、音楽にそんなに興味のない人も誘いやすい気がしました。

ここに注意!森、道、市場

キャンプチケットの確保はお早めに

入場券だけなら問題ないのですが、キャンプチケットはかなりの争奪戦となります。
今年2017年のキャンプチケットは2016年9月から少しずつ定期的に先行販売されていたにも関わらず、
毎回すぐにSOLD OUTとなっていました。
来年キャンプ参加を予定されている方は、公式サイトをこまめにチェックされることをおすすめします。

こんな装備で参加しました

テント兼タープはファイヤーベースを

私たちが利用したキャンプサイトBエリアの1区画は約5×5.5m。宿泊予定は6人。
新作のファイヤーベースのサンプルで参加しました。
指定された区画は雨の影響で水浸しだったため、私と友人はファイヤーベースの外にワンタッチテントを設置し、残りの4人はフロアレスにしたファイヤーベースの中にコットを4つ並べて就寝。
状況に応じてフロアレスにできるファイヤーベースの本領が発揮されたように感じました。
※ファイヤーベースの詳細については後日公開予定です。

雨の日はコット最強

地面がぬかるんでいる&水たまりも残っているような状況のエリアで寝ていたので、
マットだけだったら寝る時にじめっとした感じを味わわないといけなかったのかと思うと、コットがあって良かった!と心から思いました。
地面からの距離を作ってくれるコットは、不安定な天気のキャンプには欠かせないですね。

http://www.doppelganger-sports.jp/product/cb1_510/ http://www.doppelganger-sports.jp/product/cb1_99_100/

レインポンチョは必須

フェスポン http://www.doppelganger-sports.jp/product/rp1_462/

野外フェスは基本的に傘は禁止のところが多いです。
天気予報が怪しい場合は、必ずポンチョを持参していくことをおすすめします。

来年も楽しみな森、道、市場

会場内でカマボコテントやキャリーワゴン、ビッグワンポールテント、イレブンベースなどDODの製品を発見する機会がとても多く、「あ!またうちの製品見つけた!」と内心とてもニヤニヤしていました。
去年も行っていた友達いわく、昨年よりDOD製品見かける頻度が増えてる!とのことでなおさら嬉しく感じました。
キャンプフェスには久々に参加しましたが、やっぱりいいですね。
来年の開催も楽しみです!!

森、道、市場 2017~行き交う色と、ふたつの場所~

http://mori-michi-ichiba.info/