不便なテントはワクワクする?DODの変なテント4選と開発裏話。

不便なテントはワクワクする?DODの変なテント4選と開発裏話。

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

先日世界初(おそらく)のH型形状テントを発売したDODですが、実は今までも変なテントを出しています。
この機会にその中でも特にクレイジーなテント4選をまとめました。

レインボーワンポールテント

http://www.doppelganger-sports.jp/product/t8_444/

2016年に100張限定で発売したワンポールテントです。
世間でいくらナチュラルテイストが流行っていても、やっぱり派手が好きという人もいるでしょ、と投入しました。
8人用の大型ワンポールなので、実物を見ると正直ひくくらいに派手なのですが、発売してすぐに完売したのでやっぱり派手好きの方もいますよね。
100張限定なのでキャンプ場で見ることができれば超ラッキーです。

富士山テント

DODテント

2015年にクラウドファンディングで支援を募ったのですが、残念ながら実現しなかった幻のテントです。
その名の通り、富士山をモチーフにしたデザインで、構造自体は普通のワンポールと思いきや、実は特殊なポールを使用しています。

DODテント

普通のワンポールテントのように先端がとがっていたら富士山じゃない!
ということで、先端部を富士山と同じくらいの比率で水平にするために、ポールの先端が広くなっています。
機能面では全く意味がなく、無駄に重量やコストをあげてしまうので、クラウドファンディングで世論を問おうとなったのですが、残念でしたね。

クレイジーエックス

DODテント http://www.doppelganger-sports.jp/product/t4_85/

自分自身キャンプに行くときに「快適なキャンプ」を目指している傾向があって、でも快適さを突き詰めていくと家とか建物の方がいいですよね。
じゃあなんでわざわざキャンプをするんだろう、と改めて考えてみると、不便さを楽しんでいるのでは?と考えました。
ということは「不便なテント」があっても良いのでは、ということで開発したのがこのクレイジーエックスです。
日本だけでなく海外のウェブメディアでも話題になりましたが、予想通り(?)あまり売れてはないです。

Hテント

http://www.doppelganger-sports.jp/product/t2_529/

クレイジーエックスに続き、何か変な形のテントを作りたいね、と考えられたのが先月発売されたHテントです。
クレイジーエックスが「秘密基地」をコンセプトに考えたのに対し、Hテントのコンセプトは「友達以上恋人未満」です。
別々のテントは寂しい、でも同じテント内で寝るような関係ではない、という微妙な関係の2人をターゲットにしています。
そんな2人いるか?と思われるかもしれませんが、実はこのHテント意外と売れています。
微妙な関係のキャンプ行きたい2人は意外と多いのかもしれません。

クレイジーエックスもそうですが高さが低いため、実はこの2つのテントはかなり風に強いです。
まあ、悪天候の中これらのテントを使おうという人は少ないと思いますが。

次の変なテントは?

DODテント

できれば来年も変なテントを出したいなと思っています。
まだ漠然としたイメージしかないのですが、クレイジーエックスやHテントよりも実用性の高いアルファベット型テントを考えています。
面白いだけじゃなくて普通に便利、みたいなものが理想ですね。
お楽しみに。