日本では買えないレアブランドを探そう。台北・台中のおすすめアウトドアショップ9選。

日本では買えないレアブランドを探そう。台北・台中のおすすめアウトドアショップ9選。

  • シェアする
  • つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 ブックマーク

キャンプ用品のショッピングは台湾がおすすめな理由

韓国や台湾ブランドなど日本では買えないブランドがたくさん

日本のアウトドアショップでは基本的に日本か欧米のアウトドアブランドがメインになりますが、台湾では韓国や台湾のブランドも多く取り扱っています。
多いのは日本ブランドになりますが、ときには日本では見ないような斬新なデザイン、かつリーズナブルな掘り出し物もあります。

台北駅前などに密集しており行きやすい

それぞれの店が離れている韓国ソウルなどと比べると、台湾ではアウトドアショップは一定のエリアに密集していて、電車などでも行きやすい場所にあります。
特に台北駅には徒歩10分圏内にアウトドアショップが密集しています。

キャンプスタイルが日本と似ている

ほとんどの人が車無しでキャンプする香港と比べると、台湾のキャンプスタイルは日本と似ています。
自然とテントなどのギアの大きさなども日本人に合ったものになっています。

ご飯が美味しいし、英語が通じる

小籠包や牛肉麺など美味しいものがたくさんありますし、片言の英語ができれば不自由はしません。

台北のおすすめアウトドアショップ

台北駅から歩いて行けるショップ

城市緑州

http://www.metroasis.com.tw/main.php

台北駅から歩いて行ける範囲ではおそらく最大級のアウトドアショップです。
台北駅から徒歩5分くらいで、1Fはサイクルや登山用品、2Fにキャンプ用品がたくさんあります。
「adisi」というおそらく台湾のブランドが充実していて、「KOVEA」「ZED」「Barebones」、「THULE」のルーフボックスなんかも置いています。

登山友

http://www.tingsaniou.com.tw/

城市緑州から歩いて5分くらいのところに登山友など登山系のアウトドアショップが集中しています。
登山道具やアパレルなどが多いです。
台湾では、日本よりも登山の人気が高い印象を受けます。

Madbackpack

https://www.madbackpack.net/

登山友のすぐ近くにあるミリタリー系のアウトドアショップです。
アークテリクスなどのレアなバックパックがたくさんありました。

台北駅からタクシーで20分くらいで行けるショップ

Run Far Outdoors

http://www.rfo.com.tw/

台北駅近くのアウトドアショップに比べると、このあたりのアウトドアショップはどれも大きめです。
Run Far Outdoorsはローベンスやノルディスクなどの欧米ブランドと、台湾っぽい(?)木製のファニチャーが充実していて見応えがあります。
2Fは全部スノーピークになっています。

Easy Outdoor

Run Far Outdoorsのすぐ近くにあります。
「Freedom Tempo」「GOOUT」「Camping Ace」「KOVEA」など、日本では見ない台湾や韓国のブランドがたくさんあります。

百岳

http://100mountain.com/shop/

ここはロゴス、ペトロマックス、ヒルバーグなどが充実しています。
日本で見れないブランドは少なめです。

台中のおすすめアウトドアショップ

台中は台北から新幹線で2時間くらいで着きます。
料金は日本の新幹線よりもずっと安くて2000~3000円くらいなので、気軽に行けます。

Atunas

http://www.atunas.com.tw/

紹介する台中のアウトドアショップは全て台中の中心部から徒歩20分くらいで行けるところにあります。
Atunasはお店の名前と同じ「Atunas」ブランドのテントやアパレルがほとんどです。
おそらく台湾のブランドなのでレア度は高いです。

台北山水

http://www.pcstore.com.tw/tpshanshuitc/

こちらはその名の通り、台北にもお店があるのですが、台中店の方が大きくてキャンプ用品も充実しています。
店構えからも分かる通り、台湾でもトップクラスにおしゃれなお店です。
台湾のデザイナーブランド「piccaliving」や「HOT CAMP」という木製のファニチャーがおしゃれでした。

郷野情戸外

http://www.pcstore.com.tw/883suntree/

こちらはキャンプ用品の面積が広く、日本では見ないブランドもたくさんあり、台北・台中含め台湾で最もオススメなアウトドアショップです。
他の台湾アウトドアショップでも見なかった「SCOODA」というテントやファニチャーを作っているブランドや「HOT CAMP」「KOVEA」「Snowline」「adisi」など、いろいろなブランドのアイテムが充実しています。

台湾で見つけたレアなキャンプ用品

便座チェア

台湾のアウトドアショップでは1/3くらいの確率で置かれています。
どういうシチュエーションで使うんでしょうか?

カスタムできるガス缶カバー

生地や糸の色を選んでカスタムできるようです。

ハエ取り紙

昔日本の家でもよくあったハエ取り紙のアウトドアバージョンみたいな感じです。
イラストがハエ取れすぎで面白いです。

鍛造風のアルミ合金ペグ

よくあるスチールの鍛造ペグ、と見せかけアルミ合金なので、非常に軽いです。
強度はどうなんでしょうか?

木箱のようなテーブルのようなもの

使い方は謎ですが、便利そうな気がします。

Barebonesのミニランタン

アメリカのブランドですが、日本では買えないモデルです。
ルックスが気に入り、値段も5000円くらいでお手軽だったので、思わず自分へのお土産で買ってしまいました。

レアアイテムを探しに台湾に行こう。

アウトドアショップ巡りのために行くというほどではありませんが、韓国・香港・中国のアウトドアショップと比べると、観光ついでに行くのは非常にオススメです。
扱っているブランドはお店によってけっこう異なるので、ぜひ掘り出し物を見つけてくださいね。