FOLDING CARRY WAGON

フォールディングキャリーワゴン

C2-46 C2-97 C2-237 C2-417

キャンプやレジャー、ショッピングで大活躍。荷物を一気に運べるキャリーワゴンシリーズ。

販売中
キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

折りたたんでコンパクトに収納ができる、大容量のフォールディングキャリーワゴン。
最大積載重量100kgの大容量ワゴンに4輪の大型タイヤを装備し、テントやタープ、寝袋、カヤックなど、多くのアウトドアギアを、一度に運ぶことが可能です。
ワゴンに強化メッシュ生地を採用した、水や汚れに強いモデルもあり、一台あればキャンプやイベント、週末の買い物まで、荷物の運搬がとても楽に行えます。

コンパクト収納

折りたたみ式のため、スペースをとらずに保管が可能。付属の収納カバーに収納する事で、折りたたんだ状態でも転がして持ち運ぶ事ができます。

 フォールディングキャリーワゴン 主な特徴

大容量ワゴン

ワゴンは大容量の約150L。増えがちなアウトドアでの荷物などを入れて、キャンプだけでなくバーベキューや各種レジャーから、ショッピングなどの日常生活でも活躍します。

 フォールディングキャリーワゴン 主な特徴

長く使える 全部品交換OK

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴンは、生地・フレーム・タイヤのパーツ単位で購入ができます。消耗や万が一の破損時でも安心です。>>カスタムキャリーワゴン

 フォールディングキャリーワゴン 主な特徴

豊富なアクセサリー

12種類の豊富なアクセサリーを付けることができます。フルクローズのレインカバーや手ぶらでキャリーワゴンを運べるようになるベルトなど、キャリーワゴンをさらに便利にします。>>キャリーワゴン用アクセサリ

 フォールディングキャリーワゴン 主な特徴

厳しい強度試験

長く使うことができるように最新設備を使って耐走行試験、耐荷重試験を行っています。

フォールディングキャリーワゴンとは?

キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

「荷物の運搬」疲れませんか?

キャンプやレジャー、日常の買物。
どれも「荷物の運搬」で苦労していませんか?

キャンプだけじゃなく、アウトドアをもっと楽しく、
もっと快適に。
それがDOPPELGANGER OUTDOOR®の考える
「ゆるくて気軽なアウトドア」キャリーワゴンシリーズです。

DOPPELGANGER OUTDOOR®のキャリーワゴンは、
日常生活のあらゆる「荷物の運搬」で感じる悩みをもとに、
積載容量、車幅、組立・収納や構造、タイヤやハンドルなどを考案し製品化しています。

パーツが消耗してきたときのためのパーツ単体での購入もできるため、長く使用することができます。

ココが変わる キャリーワゴン

キャンプ・BBQの平均の荷物量は?

キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

一般的な荷物総量はファミリーキャンプで70kg前後。BBQで約45kg程度。(当社調べ)しかもカサもあり、この荷物を家~駐車場~現地と行き帰りとも手持ちで運ぶのは大変。楽しむレジャーが、疲れるレジャーになってしまいます。

ワゴンを使う頻度って?

キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

年間でワゴンを使う頻度はどのくらいあるでしょう?
通年で人気の行楽BBQ・キャンプ。さらに花見に、海水浴、運動会などの季節イベント。大きなイベントだけでも、およそ4~5回程度が一般的なようです。(当社調べ)

駐車場から目的地までの距離って?

キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

ほとんどのキャンプ場では、駐車場とキャンプ地とが離れている施設が大半です。そのため、駐車場~キャンプ地間の荷物の運搬に苦労します。
キャリーワゴンを折りたたんで車の中に収納しておけば、テントや寝袋などの大きな荷物を一気に運ぶことができます。

家から駐車場までの距離って?

キャンプにアウトドアに特化した「キャリーワゴンシリーズ」

一般的なマンション専用の駐車場でも、玄関から駐車場までが100m以上離れているケースはざらにあります。さらに都心の月極駐車場までとなると数百メートル離れているのもあたりまえ。この苦労、キャリーワゴンで大きく変ります。

Function 製品特徴

主な特徴

ここが違う!? ドッペルギャンガーアウトドア キャリーワゴン

 フォールディングキャリーワゴン 主な特徴画像

各部の特徴

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

用途に合わせて選べる2タイプ

砂埃に強いノーマルタイプと、水濡れに強いメッシュタイプ。ドッペルギャンガー アウトドアのキャリーワゴンは、用途に合わせて選べる2タイプをご用意しています。山、川、海どこでも活躍できます。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

ワンタッチ組立

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴンは、組立が超簡単。フレームを開きながらワゴン底面を押し込むだけ。だから、必要なときにサッと取り出し、サッと収納できる。アウトドアの貴重な時間を有効に使うことができます。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

コンパクト収納

場所を取らずコンパクトに収納可能です。しかも自立式なので、ワゴン収納の際も安定感が高く簡単。さらに収納状態でもキャリーバッグのようにコロコロ転がし持ち運びもラクラクです。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

大容量150L

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴンは、沢山荷物を積める大容量。ワゴン内への完全収納容量だけでも150L。W95×D53cmの幅広間口なので、大型の荷物運搬にも利用できます。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

最大積載重量100kg

最大積載重量は100kg。いくら容量が大きくとも積載容量に見合った積載重量を確保しなければ本末転倒。大切な荷物を運搬するためのワゴンであるため、丈夫なフレームを採用し、便利かつ安心できる積載重量を確保しています。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

取り回しやすい特殊ハンドル

重い荷物を自在に操縦できるようハンドルに工夫しています。ワゴンとの適切な距離を保ち、前後左右に舵をスムースに操舵できるフレキシブルハンドルを採用。また、ワゴン停車時には、ハンドルをコンパクトに折りたたみできる安心構造です。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

強化メッシュ採用

素材に強化メッシュを採用し、水や汚れに強い設計です。濡れたものでも遠慮無く入れられて、生地が汚れても丸洗いが可能です。【メッシュタイプC2-237/417のみ】

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

大型ノーパンクタイヤ

大型ノーパンクラバータイヤを採用。直径17.5cmの専用大径タイヤで、悪路もラクラク移動できる仕様です。また消耗部品であるタイヤの取り換えもラクラクで、長く使用することができます。
※イエローホイールはC2-417のみ

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

斜面も安心タイヤロック付

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴンは、タイヤロックが標準装備。アウトドアブランドのワゴンなので、野外の未舗装地帯での停車にも配慮した安心設計です。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

床面強化のフロアマット付

凹凸のある悪路移動を想定しているため、積載物によっては安定を確保したいこともあります。そこでフロアマットをワゴン底面に敷くことで、積載物の安定性をより強化できる安心設計です。

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

急な雨もOK、トップシート付

急な雨から積載物を守るため、トップシートを標準装備。普段は専用の収納カバーに収納し、ワゴン展開時にはワゴン内のポケットに収納も可能です。
【ノーマルタイプのみ】

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

本体生地 取り外しOK

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴン(C2-46以外)は、本体生地の取り外しが可能です。荷物の運搬で付着した砂・汚れも、ワゴン生地を分離して簡単に掃除、水洗いできる安心設計です。
【C2-46以外対応】

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

メッシュタイプ 丸洗いOK

C2-237/417はマリンスポーツなどでの使用も想定しており、本体生地にメッシュを採用。だから川や海で汚れた積載物ごとワゴンを水洗い、そのまま乾燥することも可能です。※但しフレームは、サビ付き防止のため十分に乾燥・ふき取りしてください。【メッシュタイプのみ】

 フォールディングキャリーワゴン 各部特徴画像

専用収納カバー

専用収納カバーは収納時のワゴン形状を確実に固定できます。収納状態でも転がして楽に持ち運ぶ事ができます。

How to use 使い方

組立/設営方法(動画)

組立/設営方法(画像)

 フォールディングキャリーワゴン 組立/設営方法画像

1.収納袋底面のバックル、横面のファスナーを開け、収納袋からワゴンを取り出します。

 フォールディングキャリーワゴン 組立/設営方法画像

2.ワゴン四辺を手で半分ほど広げ、フレーム側面の取っ手を上方向に持ちあげ、さらに広げます。

 フォールディングキャリーワゴン 組立/設営方法画像

3.ワゴン中心部を下方向へ押し込み、ワゴンの形を成形します。

 フォールディングキャリーワゴン 組立/設営方法画像

4.ワゴン側面のベルクロテープを4カ所固定し、付属のマットをワゴン内に敷きます。

 フォールディングキャリーワゴン 組立/設営方法画像

5.最後にハンドル上部と、下部のフレームを連結させて完成です。

収納/撤収方法(動画)

収納/撤収方法(画像)

 フォールディングキャリーワゴン 収納/撤収画像

1.ハンドル部の連結を外し、ハンドルを折りたたみます。

 フォールディングキャリーワゴン 収納/撤収画像

2.ワゴン底面に敷いたマットを取り外します。ワゴン側面のベルクロテープを4カ所外します。

 フォールディングキャリーワゴン 収納/撤収画像

3.ワゴン内、中心部にある持ち手を上方向に持ち上げます。

 フォールディングキャリーワゴン 収納/撤収画像

4.ワゴンフレーム側面にある取っ手を下方向に押し下げ、四辺の角を手で内側に寄せます。

 フォールディングキャリーワゴン 収納/撤収画像

5.ワゴンに収納袋をかぶせ、収納袋底面のバックル、横面のファスナーを閉めて完成です。

Photo 画像

製品画像

ノーマルタイプ

フォールディングキャリーワゴンノーマルタイプ画像

C2-46(オレンジ / ブラック)

フォールディングキャリーワゴンノーマルタイプ画像

C2-97(パープル / ブラック)

メッシュタイプ(ウォッシャブル)

フォールディングキャリーワゴンメッシュタイプ(ウォッシャブル)画像

C2-237(ブラック / グリーン)

フォールディングキャリーワゴンメッシュタイプ(ウォッシャブル)画像

C2-417(グレー / ネイビー)

Going furnitureブランドとのダブルネームモデルです。

<その他> 960通りから自分だけのキャリーワゴンを作ろう

使用の一例

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

キャンプの荷物運搬に

テント、寝袋、テーブルにチェア。中でも特に重い食料品や飲料品の運搬に、キャリーワゴンは最適です。さらにドッペルギャンガー アウトドアのキャリーワゴンは、コンパクト収納で車への積載も簡単。しかも150Lの大容量だから家族分の荷物もまとめて運搬OKです。

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

通年の各種レジャーに

BBQ、花見に、運動会。通年のレジャーもキャンプと同様、たくさんの荷物の運搬が必要となります。キャリーワゴンを使えば、何度も駐車場を行き来することもなく、レジャーを純粋に堪能することが可能です。

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

週末の買い物に

平日と違って、大きな荷物になることが多い週末のお買い物。家から駐車場が離れているマンションや、都心部の方には日常の荷物運搬も一苦労です。そこでキャリーワゴンが活躍します。収納コンパクトなキャリーワゴンなら、車に常備しておくのもおススメです。

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

イベントの搬入・搬出など

各種イベントに参加する方や、法人の方々に。イベントの荷物運搬にキャリーワゴンは最適です。一般的な台車だと、細々した荷物の運搬は難しく、縦積みに限定されます。しかし、キャリーワゴンなら重い荷物や、沢山の荷物を軽々運搬可能です。

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

マリンスポーツに

本体は通気性のよいメッシュ生地で構成されているため、車から海辺までマリンスポーツの道具を運ぶ運搬にも活躍します。
【メッシュタイプのみ】

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

キャンプの干し場に

意外に困るのがキャンプで洗い物をしたあとの干す場所。本体がメッシュなので、洗い物の干し場としても活用できます。
【メッシュタイプのみ】

 フォールディングキャリーワゴン 使用の一例画像

車の常備に

コンパクトに収納できるためスペースを取らず、車のトランクにもらくらく常備できます。

Spec スペック

製品サイズ

 フォールディングキャリーワゴン サイズ画像

スペック

カラー C2-46: オレンジ / ブラック
C2-97: パープル / ブラック
C2-237: ブラック / グリーン
C2-417: グレー / ネイビー
希望小売価格 C2-46: 18,200円+税
C2-97: 18,200円+税
C2-237: 21,400円+税
C2-417: 21,400円+税
サイズ (約)W530×D950×H600mm
収納サイズ (約)W200×D300×H800mm
重量(付属品含む) C2-46/97:(約)12.8kg
C2-237/417:(約)12.15kg
最大積載重量 (約)100kg
材質 フレーム:スチール
生地(C2-46/97):ポリエステル
生地(C2-237/417):テスリン
付属品 フロアマット、トップシート、収納カバー、取扱説明書
※メッシュタイプ(C2-237/417)にはトップシートは付属しません。
ワゴン容量サイズ 開口部:(約)W910×D510×H330mm
底部:(約)W850×D420mm
ワゴン容量 (約)150L
カートンサイズ C2-46/97:(約)W360×D455×H850mm
C2-237/417:(約)W370×D440×H860mm
カートン重量 C2-46/97:(約)32.0kg
C2-237/417:(約)30.5kg
カートン入数 2
個装サイズ C2-46/97:(約)W345×D220×H830mm
C2-237/417:(約)W350×D220×H850mm
個装重量 C2-46/97:(約)15.2kg
C2-237/417:(約)14.6kg
JANCODE C2-46: 4582143467064
C2-97: 4582143468900
C2-237: 4582474896618
C2-417: 4589946133011
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • 最大積載重量は100kgです。それ以上の重さのものはワゴン内に入れないでください。
  • 最大積載重量以内であっても、人は乗らないでください。
  • 貴重品や壊れやすい物、高温の物、火気が発生する恐れのある物はワゴン内に入れないでください。
  • 組み立てや折りたたみ時にフレームの間に指などを挟まないようにご注意ください。初めての時や慣れていない時は安全のため、手袋を着用して行ってください。
  • 大きな段差や速い走行などにより、タイヤ部分に強い衝撃を与えないでください。本体が歪む原因となります。
  • ワゴンを使用する際は、定期的に各部のネジに緩みがないかを確認してください。
  • ワゴン底面のループは、ワゴンを折りたたむ為の補助ループです。ループを持って、ワゴンを持ち上げないでください。