WEARING SLEEPING BAG

ウェアリングシュラフ

S1-80 S1-81

行動時から就寝時まで活躍。限りなく服に近い、3WAY寝袋。

販売中
top_image

テント周りや屋外ではベンチコートやジャケットのような防寒着として、寝る時は足部のパーツを付けることで寝袋に変形。肌寒いキャンプの夜や冬の暖房費の節約、防災用品など、幅広い用途で活躍する「限りなく服に近い」寝袋です。

行動時から就寝時まで活躍 (行動時)

行動時には、足部のパーツを取り外すことでベンチコートとして、さらに裾を内側に折り返すことでジャケットのように着用できます。

 ウェアリングシュラフ 主な特徴

行動時から就寝時まで活躍 (就寝時)

足部のパーツを取り付けることで就寝用の寝袋へと変形します。

 ウェアリングシュラフ 主な特徴

Function 製品特徴

主な特徴

 ウェアリングシュラフ 主な特徴画像

各部の特徴

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

行動時から就寝時まで活躍 (行動時)

行動時には、足部のパーツを取り外すことでベンチコートとして、さらに裾を内側に折り返すことでジャケットのように着用できます。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

行動時から就寝時まで活躍 (就寝時)

足部のパーツを取り付けることで就寝用の寝袋へと変形します。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ダブルカバージッパー

足部のパーツ接続部分には、冷気の侵入を防ぐためにダブルカバー構造を採用しています。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ハンドジッパー

腕の先端部には手を出せるジッパーが付いているので、物を持つのも細かい作業も可能です。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ホローファイバー

中綿には、繊維内部が中空になっているホローファイバーを採用。温まった空気を閉じ込めることができ、軽く、暖かいのが特長です。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

カラージッパー

正面部のメインジッパーにはファッション上のアクセントとなるカラージッパーを採用しています。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ジップガレージ

首元部分には、ジッパーがあごに直接当たることを防ぐ、ジップガレージ(カバー)を配置しています。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ドローコード

襟元のドローコードを引くとフードの開口量を調節できます。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

ポケット

お腹部分の2ヶ所のポケットはスナップボタン付きのため、中の物が落下することを防ぎます。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

コンプレッションバッグ

コンプレッション(圧縮)機能を備えた専用バッグを付属。ベルトを締めることで圧縮可能です。

 ウェアリングシュラフ 各部特徴画像

丸洗い可能

寝袋は手洗いで丸洗い可能。いつでも清潔な状態で使用できます。

How to use 使い方

収納/撤収方法(画像)

専用バッグへは、下記のような方法で簡単に収納することができます。

 ウェアリングシュラフ 収納/撤収画像

1.腕を内側に折りこみ、寝袋を2つに折ります。

 ウェアリングシュラフ 収納/撤収画像

2.体重をかけるようにして、足側から丸めていきます。

 ウェアリングシュラフ 収納/撤収画像

3.頭部分を残した状態で丸めた胴体部分をバッグに入れます。

 ウェアリングシュラフ 収納/撤収画像

4.最後に頭部分を押し込んで完成です。

Photo 画像

製品画像

ウェアリングシュラフ画像

S1-80

ウェアリングシュラフ画像

S1-81

サイズ感イメージ

身長160cmの場合(標準体型)

ウェアリングシュラフ画像

身長170cmの場合(標準体型)

ウェアリングシュラフ画像

身長170cmの場合(ガッチリ体型)

ウェアリングシュラフ画像

身長180cmの場合(標準体型)

ウェアリングシュラフ画像

使用の一例

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

ちょっとそこまで

ベンチコートのような防寒着代わりに使用して、歩きまわることができます。

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

就寝時

足部のパーツをジッパーで取り付けることで、通常の寝袋として使用できます。

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

手を出して

腕先端部がジッパーになっており、手を出すことができるため、寝袋を着たまま食事をとることも可能です。

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

キャンプで

テントの外で使う防寒着と中で使う寝袋。2つの役割を兼ねているので、荷物をコンパクトにできます。

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

家で

家で使用すれば暖房費の節約にもつながります。眠くなったらそのまま寝ることも可能です。

 ウェアリングシュラフ 使用の一例画像

車中泊で

簡単に寝袋から防寒着に変形できるため、車中泊の際も便利です。

Spec スペック

スペック

カラー S1-80: ブラック/オレンジ
S1-81: パープル/グレー/ブルー
希望小売価格 S1-80: 11,600円+税
S1-81: 11,600円+税
収納サイズ (約)長さ250mm×直径190mm
重量(付属品含む) (約)1050g
材質 表地:ポリエステル
中綿:ポリエステル(ホローファイバー)※1
推奨使用温度 5℃~※3
身長 ~183cmに対応※2
ウエスト ~90cmに対応※2
付属品 専用コンプレッションバッグ
JANCODE S1-80: 4582143468771
S1-81: 4582143468788
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • 1 ホローファイバー:糸の中に空間を作り、繊維そのものの中に大量の空気を閉じ込めた中空構造糸。軽く、暖かいのが特長。
  • 2 身長、ウエストは対応サイズ内であっても、体型や服の厚みなどによりフィットしない場合があります。
  • 3 推奨使用温度とは、睡眠がとれる温度帯の目安です。あくまで、計算上の数値で、風速、湿度、服装などの使用条件や体質などにより体感温度には個人差があります。目安としてご検討ください。 寒い時にご利用いただく場合は、暖かい服装や毛布、キャンピングマットなどのご用意をおすすめいたします。