B-TIPI

ビーティピ

T4-517

ビーチだからこそテントもおしゃれに。ビーチに映えるワンポールテント。

販売中

ビーチレジャーの雰囲気を盛り上げるため、見た目にこだわったワンポール型テントです。真っ白なトンガリ屋根のテントは、ビーチに多いポップアップ式テントの中で目立つこと間違いなし。熱気を逃がすポリコットン生地(ポリエステルとコットンの混紡生地)やサンド用ペグなど、海水浴シーズンのビーチに求められる機能を盛り込んでいます。
もちろん海水浴以外にピクニックやBBQでも活躍します。
※ビーチやピクニックなどでの休憩用に設計されており、宿泊や雨天時の使用は想定されていません。

この製品のご購入はこちらから

※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

ビーチで映えるトンガリ屋根

ビーチレジャーの雰囲気を盛り上げるため、見た目に最もこだわりました。丸っぽい形状のポップアップ式テントが多いビーチですが、その中でひときわ目立つワンポール形状を採用しています。青い空や海、砂浜に映える真っ白のポリコットン生地を使っています。

 ビーティピ 主な特徴

ナチュラルな雰囲気で熱気も逃がすポリコットン生地

生地は通常使われることの多いポリエステルではなく、ポリコットン生地(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用することで、光沢感の少ないナチュラルな雰囲気を出しています。また、熱気や湿気を逃がす生地のため、テント内部が熱くなることを軽減します。

 ビーティピ 主な特徴

ラウンドビーチタオルもすっぽり入るワイドサイズ

テントの内部は220×220cmほどで、大人3人が横になれるほどの広さがあります。流行のラウンドビーチタオル(150×150cmが多い)もすっぽり入ります。

 ビーティピ 主な特徴

ペグを4本打つだけのワンポール構造

地面にペグを4本打って、ポールを1本立てるだけのシンプルな構造です。簡単に組立を行うことができます。
※強風時には追加でペグを打つ必要があります。

 ビーティピ 主な特徴

Function 製品特徴

主な特徴

 ビーティピ 主な特徴画像

各部の特徴

 ビーティピ 各部特徴画像

入り口2箇所で通気性抜群

入り口が前後に2箇所あるため、どちらも開放することで風が抜けて、テント内部が涼しくなります。

 ビーティピ 各部特徴画像

日差しカット

UVカットUPF50+コーティングでビーチでの日差しをカットします。

 ビーティピ 各部特徴画像

サンド用ABSペグ

ビーチでペグが抜けることを防ぐため、サンド用のABSペグ(30cm)が8本付属します。また、強風時に使用するストームロープも4つ付属します。

 ビーティピ 各部特徴画像

アレンジのしやすいフロアレス構造

テント内部にフロア生地がないため、お気に入りのレジャーシートやラウンドビーチタオルを組み合わせて使ってください。内部に砂がたまらないため、お手入れも簡単です。

 ビーティピ 各部特徴画像

コンパクトパッキング

専用の収納バッグが付属します。シンプルなワンポール構造のため、直径11.5×長さ58cmほどの小ささに収納することができ、重量も2.9kgです。手軽に持ち運ぶことができます。

How to use 使い方

組立/設営方法(画像)

 ビーティピ 組立/設営方法画像

1.ペグを4ケ所打ちます。

 ビーティピ 組立/設営方法画像

2.ポールを組み立てます。

 ビーティピ 組立/設営方法画像

3.ポールを中心に設置します。

 ビーティピ 組立/設営方法画像

4.完成です。

Photo 画像

製品画像

Spec スペック

製品サイズ

 ビーティピ サイズ画像

スペック

カラー ホワイト
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W2200×D2200×H1600mm
収納サイズ (約)W580×D115×H115mm
重量(付属品含む) (約)2.9kg
材質 生地:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
ポール:スチール
UVカット UPF50+
付属品 ペグ、専用キャリーバッグ、取扱説明書
JANCODE 4589946137323
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • テント生産時にJIS L 1092(ISO811)方式にて耐水圧試験を行い、計測箇所の平均値ではなく、最低値が記載値以上となるように耐水圧を設定しています。
  • ビーチやピクニックなどでの休憩用に設計されており、宿泊や雨天時の使用は想定されていません。
  • 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると科学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。

この製品のご購入はこちらから

※Amazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。