RELATION

関連情報

地震防災対策

banner_947

地震への備えとして、家庭での防災会議、自宅(寝室からの)脱出ルートの確認、自宅(職場)からの避難経路の確認、建物の防火耐震補強、家具の転倒防止などが挙げられます。 ここでは、備蓄品についてご説明します。すぐに持ち出せる非常持出袋と、ある程度落ち着いてから必要になってくるもの二次備蓄品についてご説明します。

非常持出袋

地震の被害によっては、避難の必要性があります。
すぐに持ち出せる場所に家族の人数で小分けにして保存。両手が使えるリュックタイプが便利で一般的です。

食品 保存性が高く火を通さなくても食べられるもの、飲料水など。
医薬品 常備薬、とげ抜き、ホコリ対策としてマスク、ゴーグル、目薬など。
衣類 赤ちゃんの紙おむつ。ヘルメット。ゴーグル、作業用手袋、寝袋など。
マット 体育館や避難所の床に敷くもの。
ラジオ 小型軽量の物。予備の電池。
懐中電灯・ろうそく ランタン、予備の電池。
貴重品 現金(電話用10円硬貨も必要)、通帳、保険証、免許証など住所録もあると便利。
生活用品 ウエットティッシュ、ティッシュ、生理用品、ガムテープ、ロープ、ライター、ビニール袋、食品包装ラップなど。

※食品については、特別な「非常食」ではなく、レトルト、缶詰、菓子、ペットボトル用飲料水を一定量備蓄し、日常生活で使用した分だけ買い足す「ローリングストック」をご提案します。

職場で備える二次備蓄品

交通機関が止まって、大勢の人が自宅に帰ろうとした場合、路上、駅周辺で大混乱が発生する可能性があります。余震や火災などの被害、雑踏での事故を回避するために、建物の安全が確保されていれば、社内にとどまるのも選択肢の一つです。東京都の「帰宅困難者対策条例」は、「むやみに移動しない」を基本原則とし、努力義務として企業に従業員が3日間過ごせる水や食料、就寝具の備蓄を求めています。

上記の非常持出袋の内容 + お茶などのペットボトル飲料の買置き(ローリングストック)に加え、オフィスの床などで寝る場合の小型マット、寝袋があると快適です。

家庭で備える二次備蓄品

上記の非常持出袋に入りきらなかったものや、予備の飲料水、自転車、台車、キャリーカート、スコップ、ロープ、テント、ブルーシートもしくはタープ、カセットコンロ、予備のボンベ。

テントは本来の宿泊以外にも仮設トイレ、着替えなどのプライベート空間を作ることも可能です。タープも雨よけ、日よけだけでなく、目隠しとして使用もできます。台車、キャリーカートは給水車から水を運ぶのに便利です。

防災用備畜品チェックリスト

大災害はいつ・どこで発生するか予測できないため、誰もが帰宅困難者となったり、避難場所での生活を強いられる可能性があります。いざという時に備えて日頃からの災害対策が必要です。緊急時に必要な防災グッズ・水・食料等の備蓄品をまとめた“防災備蓄品チェックリスト”を作成しましたのでご活用ください。